• トップ /
  • インプラントの手術では

インプラントと手術について

インプラントは、失った歯があった部分に、チタン合金などでできた土台を埋め込み、その上に人工歯を据え付けるという方法によって、機能の回復をめざす治療方法であるといえます。このため、ブリッジや義歯のようなものとは根本的に異なる技術であり、埋め込みなどの際に手術をともなうものといえます。したがって、インプラントをする以前に、なんらかの疾患があればそちらを治療することが先決となりますし、体力が弱い人などの場合には、この治療方法が向かない場合もありますので、主治医との相談は大切となります。

インプラント治療のメリットとは

インプラントでは、歯が抜けた場所に人工の歯根を埋め込みます。埋め込む際には金具を使用しない為、見た目は健康的な歯と変わりません。その為、違和感のない自然な仕上がりを希望する方には、大きなメリットと言えるでしょう。また、ブリッジ治療の場合、抜けてしまった歯の両側の健康的な歯を削らなければいけません。その点、インプラントであれば、抜けてしまった歯の両側を削る必要はありません。そこで、健康的な歯を残しておきたいという方には、メリットです。

↑PAGE TOP