• トップ /
  • インプラントの価格の設定理由

保険がきかないインプラント

歯を失った場合の治療法で、保険がきくのは、ブリッジと入歯です。ブリッジは、両側の歯を土台として固定しますので、健康な両側の歯を削らなければなりません。入歯は、土台が安定しませんので、噛み心地が、健康な歯ほどしっかりしていません。そこに、オプション療法として、インプラント療法が導入されました。この治療法は、ブリッジと入れ歯が選択できるのに、オプション療法であるから、保険がききません。治療期間も長くかかります。インプラント1本の治療の価格は、30万円からと言われています。その理由は自由診療の被せ物の値段がインプラントが導入された当時10万円くらいしていて、ブリッジは3本分の値段を請求できたからです。歯科クリニックで、インプラント治療をすると、顎の骨に人工歯根が密着するまでの期間3~6カ月治療期間が必要で、その後に一生メンテナンスを引き受けなければなりません。その責任も価格に含まれていると考えられます。ただ、歯科クリニックの設備導入にも、費用がかかっていますし、医師の研修費用、立地条件もあります。それらを踏まえて、インプラントの価格は自由診療で歯科クリニックで決められています。一般価格より安いのは、設備がもう一つとか、自分の技術に対する信頼度が分かっているからとも考えられます。何処で、この治療を受けるのかは価格以外の要素もしっかり調べてからにしましょう。

↑PAGE TOP