• トップ /
  • 歯を失った際の治療には

歯を失った場合の治療について

人が虫歯や歯周病や事故で歯を失った場合、普通ブリッジか義歯で治療を行います。ブリッジは、失った歯の両側の歯を削らなければなりませんので、両側の歯が健康なままで折れる可能性が下がりますし、義歯の場合は、歯根が安定しませんので、噛み心地が、もう一つです。最近は、顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、そのインプラント体が顎の骨に密着することで、その上にのせた人工の歯が、健康な歯と同じような噛み心地をもたらす治療ができるようになりました。メンテナンスをしっかりすることで一度治療すると半永久的に持ちます。

骨の強度が必要なインプラント

失った歯の機能を取り戻すことが出来るインプラント歯科治療では、人工歯根を顎の骨に埋め込むための手術が行なわれます。そのため、顎の骨の強度が十分ではないという場合には、人工歯根を埋め込むことが出来るように、骨を移植したり、増やすという事が行なわれることもあります。このような特別な治療は行うことが出来るところが限られているため、インプラント歯科治療を受けるという場合には手術を行うことが出来るかどうかをあらかじめ確かめるようにしましょう。

↑PAGE TOP